伊藤竜太の心象風景

過ぎ去って行く瞬間の記憶

柴又の夜。









20171008-EM523568.jpg








20171008-EM523580.jpg








20171008-EM523597.jpg

Olympus OM-D E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 25mm F1.8
スポンサーサイト
  1. 2017/10/15(日) 01:41:30|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あまりに暖かな秋の日









20171010-EM520043.jpg








20170918-EM1B1081.jpg










20171010-EM520066.jpg








20171010-EM520100.jpg


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ, E-M5 MarkⅡ
M.Zuiko digital 25mm F1.8
  1. 2017/10/11(水) 01:30:07|
  2. 景色&ヌード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展『poupée et homme』


こちら、Le Petit Parisien にて、現在、伊藤竜太写真展『Poupée et homme』やってます。
東向島、駅でいうと曳舟駅の近くの、マニアックな空間です。
国内外の古い書籍(一番古いのは17世紀の!)に囲まれてお茶を、お酒を飲む店です。
その古い書籍たちに紛れるように、伊藤竜太のヌード写真を展示しております♪



20171001-EM1B0055.jpg 




20171001-EM1B0077.jpg




20171001-EM1B0087.jpg





曳舟は、スカイツリーが大きく見えます。
駅は綺麗に改築されてしまいましたが、町にはまだ昭和が残る風情。
ぜひお出掛けくださいませ☆

20171001-EM1B0090.jpg


***********************************************
写真展『poupée et homme』
10月15日まで 東向島の書斎カフェ「Le Petit Parisien」にて
フランス語で poupée は人形、hommeは人間を意味します。
今回の展示写真はすべて伊藤竜太自身を被写体としたヌードフォトですが、肉感的な、あるいは人間味滲み出るエロティシズムではなく、造形としてのカラダを三次元から二次元へと変換する過程で顕れる肉体の”人形性”とでも言うべきものに注目した、デッサンの如き小型作品群です。
入場無料 木曜定休日 営業日も18-19時は閉まりますのでご注意ください。
http://le-petit-parisien.com/
  1. 2017/10/05(木) 01:08:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庚申待の夜の浄行様。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
Lumix G Vario 7-14mm F4
  1. 2017/09/30(土) 01:53:46|
  2. 神仏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の陽。


ピート・ターナーへのオマージュ。
Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
Leica DG 100-400mm F4-6.3
  1. 2017/09/26(火) 17:43:58|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
  1. 2017/09/24(日) 01:23:11|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六本木。

20170921-EM1B0617-Edit.jpg

Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
  1. 2017/09/22(金) 02:23:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

小田急電車。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-100mm F4 PRO
  1. 2017/09/18(月) 01:38:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

死してなお美しき者。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 25mm F1.8
  1. 2017/09/16(土) 22:30:19|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大相撲。






20170911-EM1B0332.jpg 





20170911-EM1B0750.jpg





20170911-EM1B0769.jpg





20170911-EM1B0970.jpg





20170911-EM1B1008.jpg





20170911-EM1B1091.jpg





20170911-EM1B1180.jpg 

Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digitao 40-150mm F2.8 PRO + 1.4x teleconverter
Leica DG 100-400mm F4-6.3
  1. 2017/09/13(水) 23:23:58|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真勝寺。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2017/09/13(水) 09:57:47|
  2. 神仏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大相撲。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
Leica DG 100-400mm F4-6.3
  1. 2017/09/11(月) 23:43:50|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の空の下に立つ一本の樹とその樹木を見つめる一人の目


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 40-150mm F2.8 PRO + 1.4x teleconverter
  1. 2017/09/09(土) 20:43:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

中山の猫。






20170904-EM1B0602.jpg





20170904-EM1B0780.jpg

Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 25mm F1.8
  1. 2017/09/05(火) 12:01:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏の終り。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2017/09/03(日) 10:37:30|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展『柴又NUDE』より


写真展会場にて撮影
  1. 2017/09/02(土) 00:15:49|
  2. ヌード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展『柴又NUDE』無事終了♪






20170823-EM1B0177.jpg





20170828-EM1A0030.jpg

2017/08/23-28 Space Jing にて
  1. 2017/08/30(水) 00:41:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展『柴又NUDE』はじまりました!

*********************************************
伊藤竜太 Lyuta Ito 写真展『柴又NUDE』
8/23-28日 12-20時(最終日18時)
会期中無休 入場無料
Space Jing (表参道駅徒歩五分)
http://spacejing.com/

写真展『柴又NUDE』におきましては、生花の贈り物は恐縮ながら遠慮させていただきます<m(__)m>
【花より団子】を合言葉によろしくお願い申し上げます(^_-)-☆
  1. 2017/08/23(水) 23:28:50|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写真展『柴又NUDE』8/23-28 表参道の「Space Jing」にて!

WEB案内状画像

表参道の Space Jing で写真展をやります。
ぜひお越しくださいませ。




写真展「柴又NUDE」開催に寄せて


人はみな仏であると日蓮は言う。
柴又の、帝釈天で有名な題経寺は、日蓮宗の寺だ。日蓮みずからが彫ったといわれる板曼荼羅を、人々は拝む。それは仏に祈る行為であるとともに、自らをみつめる行為でもある。
写真を撮ることも、被写体に投影した自らの姿を写し出すことに他ならない。
だとすれば、写すことも写されることも、その本質においては同一のベクトルに基づく等しい行為である。
今回の写真展では、撮影者としての伊藤竜太と被写体としての伊藤竜太という、ふたつであるが実はひとつのものである「存在者」の証を、白い二次元の壁に展開する。
伊藤竜太の居住する柴又の町とその周辺、そこにゐる猫、見上げた空、走り抜ける列車といった日常の残像と、それらを見つめることで自らを見つめつづけるひとりの人間としての我の姿。写真家という生き方のひとつの過程あるいは一瞬の記録であると同時に、人が生きるという永遠の葛藤に対する普遍的解答への出発点として、これらの作品を感じていただければ幸いである。


伊藤竜太



  1. 2017/08/22(火) 18:00:00|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渋谷。


Olympus OM-D E-M1 MarkⅡ
M.Zuiko digital 12-40mm F2.8 PRO
  1. 2017/08/20(日) 22:59:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

LYUTA

Author:LYUTA
1967年北鎌倉生れ。造形作家伊藤隆康の長男。
麻布学園在学中音楽家を志し、ピアノ演奏を永富和子・藤井一興・甲斐直彦・アンリエット・ピュイグ=ロジェ各師に、チェンバロ演奏を渡邊順生・小林道夫各氏に、リコーダー演奏を花岡和生に、ヴィオラ・ダ・ガンバ演奏を中野哲也に師事。卒業後、アムステルダム音楽院にてチェンバロ演奏をGustav Leonhardtに、オランダ王立音楽院にてヴィオラ・ダ・ガンバ演奏をWidland Kuijkenに師事。
在蘭中、写真に転向し、Piet Janmaatのアシスタントを務める。
帰国後、New York Institue of Photography プロ養成コース通信課程修了、東京総合写真専門学校研究科にて芸術写真の研鑽を積む。
過去にはかまやつひろし、頭脳警察、忌野清志郎などのアーティストを撮影。 近年は東京二期会オペラ、宮崎真一(サキソフォン)、La Rubertina(リコーダーアンサンブル)などクラシック界を中心に、またシャンソンやフラメンコ、さらにはJotaro Saito、YOSHIKIMONO等のファッションショーなど、幅広く舞台撮影を手掛ける。


主な活動歴↓↓↓

【写真】
 個展「In the sky」 京二画廊(京橋) 1992年
 劇団「榴華殿」専属カメラマンとして舞台撮影 1992-95年
 その他舞台写真撮影多数(劇団「ク・ナウカ」「万有引力」「月蝕歌劇団」、福島泰樹「短歌絶叫」、忌野清志郎、頭脳警察等のライブ 他)
 東京二期会オペラ プログラム用写真撮影 2014~
 おいかわ由衣シャンソン・ライブ専属撮影 2014~
 リコーダーアンサンブル La Rubertina 舞台撮影 2014~
 サキソフォン奏者 宮崎真一 舞台撮影 2014~
 日本の文化と”今”をつなぐウェブマガジン「Japaaan」取材撮影(Jotaro Saito、Yoshikimono等ファッションショウ、着物サローネ等イベント) 2015~
 藤井一興(ピアノ) 舞台撮影・CDジャケット撮影 2016~
 小林道夫(チェンバロ) 舞台撮影 2016~

 写真展『柴又セピア』2017年5月 昭和レトロ喫茶セピア
 写真展『柴又NUDE』2017年8月 Space Jing (表参道)
 写真展『柴又street』2017年12月予定


【写真モデル】
 秋田好恵撮影ヌード作品のモデル 2010年~

【演劇・映画】
 榴華殿「郭公の産卵、百舌の早贄」、「Candy」 1994年(劇伴音楽作曲)
 同「バビロンより愛をこめて」、「REM」 1995年(同上)
 大嶋拓監督映画「火星のわが家」(鈴木重子主演) 2000年(劇中音楽作曲および出演)

【文学】
 小説「有料の幸福」 碧天舎 2003年


伊藤竜太ホームページ www.lyuta.net

伊藤竜太のFacebookは
個人頁はこちら
写真頁はこちら 


☆☆☆☆☆☆☆

舞台・イベント等の記録写真撮影、承ります♪
3万円(データ納品、交通費別)より。
ご相談、ご依頼のメッセージは
こちら
からお願いします!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (17)
自画像 (3)
鉄道 (10)
街 (98)
挨拶 (5)
景色 (199)
人物 (10)
ヌード (33)
景色&ヌード (38)
自動車 (17)
猫 (9)
飲食物 (2)
音楽 (16)
舞台写真 (5)
イベント (10)
物 (1)
犬 (1)
神仏 (4)
スポーツ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR